安い妊娠線クリームでも予防ができます

妊娠してお腹が大きくなってくると、妊娠線ができてしまいます。急激にお腹が大きくなって脂肪が付くと、皮膚が体の変化に耐えられずに割れてしまいますので、戌の日を過ぎる辺りが塗り始めるタイミングと言われています。妊娠線は一度できてしまうと取れませんので、正しい予防対策をすることが大切です。
妊娠線クリームの塗り方は、幾つかのポイントがあります。高価なクリームの方が効き目があるのではないかと、高い妊娠線クリームを買うのもいいですが、ケチって少ししか使わないなどということがないようにしましょう。例え安い妊娠線クリームでも、たっぷり手に取って万遍なくお腹に塗る方がずっと効果的です。妊娠中は体重も増加気味で、お腹以外にも肉が付いてしまうことも少なくありません。お尻、太もも、二の腕などにも塗っておくのが良いとされています。
妊娠線クリームには、オイルタイプやクリームタイプなどがありますので、好みの使用感で選ぶことができます。しかし専用のクリームでなくても、高いクリームでなくても、大切なことは毎日保湿をすることですので、安い商品でも妊娠線の予防は十分に可能です。

妊活サプリおすすめランキング